快適な物

ワインの原料と種類について

あなたはワインがお好きですか。
週にどれくらい飲みますか。
どこで、どんなワインを飲みますか。
それに答えられる人が、どれくらいいるでしょうか。
もし何となく買って、何となく飲んでいるならば、少し損をしているかもしれません。

一口にワインと言っても、赤、白、ロゼなどの種類があり、それらにも多くの種類があります。
低価格のものから高級なものまで、財布と貯金が空になるような値段がついたブランドワインも存在することは知っておられるでしょう。
なぜそのようなワインが存在するのでしょうか。

そもそもワインはぶどうの果汁を独自の方法で発酵させて作るものです。
基本的に白ワインはその果汁のみを使ったお酒です。
赤ワイン、白ワインそれぞれに合う料理があり、合うつまみがあります。
適当に飲んでいても、なんだかしっくりこない…そう思っておられる方は、その本当に合うつまみ、また料理の味を引き立たせる飲み方を知らないのかもしれません。

また、ポリフェノール、アミノ酸、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていることを知らない人も多く、ほどよく飲むことができれば健康を促進することにもつながる。
ただ飲むのではなく、それがなぜおいしいのかを考えながら飲むと、より味わい深い楽しみ方ができるのではないでしょうか。