快適な物

ワインのお酒について

お酒をあまり飲まない人であっても、その透き通った色あいや香りに魅了されることがあるかもしれません。
それが、世界中で愛されている飲料である、「ワイン」です。
安価なものから、高級なものまで、そのまま飲むもよし、料理で使うのも良し、その活用方法は無限にあります。
では、そもそも「ワイン」とはどんなお酒のことを指すのでしょうか。

主に、「果実酒(葡萄酒)」のことを指します。
ワインはブドウの果汁を独自の方法で発酵させて作るものだからです。
それが、「醸造」に当たります。

ワインは主に3つに分類することができます。
まずは、赤色が特徴的な「赤ワイン」です。
原料となっているのは赤ブドウや黒ブドウで、独自の方法で発酵、醸造され、たくさんの肉料理に使われることでも有名です。

もう一つが、基本的に果汁のみで作られた、「白ワイン」です。
基本的に、赤ワインと違いブドウの果汁のみを用います。
赤ワインと比べると、保存がききません。
他には、ロゼワインなどの種類もあります。

これらを上手に堪能するためには、やはりまず味わってみること以外にありません。
最初は高級なものとそうでないものの違いが判らないかもしれませんが、経験を積むにつれて、それがわかるようになるのも楽しみですね。