快適な物

ワインを横に寝かせる理由

世界中の人に愛される、日本でも多くの方がその香りと味に魅了されていますが、よりおいしく飲むために、輸送・保存するときは「ワインを横に寝かせると良い」という常識のようなものが周知されています。
それはいったいなぜなのでしょうか。
それはコルクにあります。
コルクが時間が経過し乾燥してしまうと、コルクが収縮し、外からの空気を通しやすくなってしまいます。

これは酸化につながります。
一般的にワインは、おいしいうちに飲むのが基本です。
例外として時間をおいた方が味わい深く感じることもありますが、一度改選したワインは酸化してしまうため短期間で飲みきるのが普通です。
どちらにしても、ワインを長期保存しておく場合は、参加を避けるために横倒しにし、一度開栓したものは特別な理由がない限り日を開けないことが大切です。
短期間であればコルクが乾燥しワインが参加するということは考え辛いため、あまり神経質にならなくても良いとは言えますが。

人によって大きく好みが分かれます。
ある人はAのワインをおいしいといい、ある人はBのワインが最高と言います。
ワインはそれぞれに特徴がありますので、いろんなワインを試してみるのも良いですね。
そうする事で、楽しく飲めるようになります。